img_02

ワキガについて学ぶ

ワキガというものは誰にでもある症状ですが、その出方には個人差があって、通常出ていても、服を着ている外観からはあまり感じない人と、非常に強い臭いが出てしまう人との違いです。
ワキガの強い人というのは、普通の距離で会話していても、かなり臭いが相手に判る程です。


臭いの原因とは、アポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂汗腺の三つが影響を及ぼしています。

ミラドライ体験談:新宿マリアクリニック わきが多汗症治療外来に関する情報を提供中です。

ワキから出る白く粘り気のある汗が、細菌によって分解されることによって、あの独特な強い臭いが発生することになります。

汗と皮脂と垢などの原因菌とが混ざって、初めてワキガが発生してきます。

ワキガの方が、手術によって処置をする方法もありますが、一般の方で手の届く範囲で、臭いの発生を抑える方法もあります。まずは、その部分を清潔に保つことと、日常はデオドラントのスプレーを使用することで、消臭効果を得ることに期待します。


そしてもう一つは、ワキの部分を乾燥させることです。個人で出来ることは、タイプ別で対策を考えるように原因を知ることと、自分のワキガ度も知ることで、対策方法が決まってきます。
他にも、日常生活での服装を、消臭効果のあるものを選んで替えることも、一つの方法です。



臭いに関しては、当人より周りに居る人の方がより強く感じられることもあり、自分での対処は必須と言えるでしょう。



汗をかいたら小まめに着替えたり、お風呂はシャワーより湯船に浸かって毛穴の中の汚れまで出しますと、臭いの発生を遅らせることにもなります。